本文へスキップ

ブリーダー直販 6ヶ月生体保証 健康保証で安心 多種多様の子犬通販サイト

動物取扱業登録証大健保動セ 第24-10124-01号

サイトマップ     家庭動物販売士認定310063号



愛犬の情報(知ってほしいワン)HEADLINE

愛犬の情報 HEAD LINE

飼養費用
購入費用・愛犬の備品・医療費・教育費・食費・遊興費他犬を飼う時の生涯費用を知りましょう
病気とワクチン
主な病気・感染症・ワクチンで予防する感染症・共通感染症など知ってほしい
犬の社会化期と問題行動
社会化期とは・問題行動とは・問題行動色々を飼う前に知って欲しいワン
犬の去勢と避妊
繁殖目的・犬の去勢の長所と短所・犬の避妊の長所と短所を知って判断しましょう
犬の教育
しつけ・訓練・ドッグトレーナー委託など教育する為のあれこれを知りましょう
動物愛護法
飼う前に知るべき罰則や概要・目的を簡単にご説明しています
飼養承諾確認書
ご購入時に交わさせて戴く確認書の概要と主旨を御説明しています   

飼養費用(概算)

購入費用
犬種により違いがありますが10万円前後から高い犬は100万円以上します
愛犬の備品
首輪・リード・ケージ・食器・ブラシ・トイレ用品など3万円〜5万円
医療費(必須)
狂犬病予防接種3500円/年 ワクチン接種5千円〜8千円 フィラリア予防2千円/月
医療費(病気時)
入院1回平均10万円以上、高額時100万円を超えるケースもあります
教育費
本・DVDなど3千円〜2万円 躾教室5千円/月×1年〜 訓練10万円/月×半年
教育費(躾道具・躾用品)
500円〜3千円〜2万円スプレー・口輪・ブザーなど問題行動をしつける為の用品
教育費(訪問トレーナー)
1回3〜4万円/1時間〜2時間を目的に応じて回数を重ねる(問題行動抑制)
食費:総合栄養食
安価2千円〜高価2万円/月 食事量(小型犬は少量,大型は大量)に左右される特に安価な物はアレルギーや肥満など問題を引き起こす場合があるので注意が必要で人間同様、健康で長生きには良質なペットフードが必要です
食費:間食
安価2千円〜高価1万円/月 おやつやスナック、躾のご褒美のジャーキーやガム
食費:その他
安価2千円〜高価2万円/月 栄養補完・カロリー補完・特別療法食
遊興費:シャンプー
安価3千円〜高価3万円/回 ご自分で行う場合はシャンプー代500円〜1万円
遊興費:トリミング
安価3千円〜高価3万円/回 犬種により大きく違います(大きさ・毛量)
遊興費:ホテル代
安価3千円〜高価1.5万円/1泊 犬種や散歩・餌・場所などの条件により違います
葬儀(火葬費用)
1万円〜5万円 犬の死亡時にかかる費用。墓地は別途共同か個別により違う
生涯費用(購入費用除く)
10年生きたら最低費用45万円(医療費19万円+食費24万円+他2万円)
生涯費用(一般的ケース)
125万円(備品3万 医療費30万 教育費10万 食費60万 遊興費20万 葬儀2万円)
別途費用(難病や賠償)
高額医療や入院、または問題行動に因る賠償など思いもよらぬ出費も…
『楽援』からのご提案
社会化期を親犬と過ごさせ、問題行動リスク少ない子犬を提供します。又、早期にお預かりして教育してお届けできます。健康促進のフードを提供する事で健康で医療費の少ない愛犬との生活を支援致します

病気とワクチン

犬種により寿命やなり易い病気は異なりますが、動物も長生きするようになり人間同様、病気になる場合が増えてきています。しかし犬は野生の本能から中々弱音を吐きません。しっかり観察してあげましょう。又、日頃より病気の予防と早期発見に努めましょう
チェック個所
顔(目・耳・鼻・口)全体(毛・皮膚・腹・尻・関節)他(便・尿・息)
元気が有りますか?
元気が無い時はその他(顔・全体・他)をチェックして異常が有れば動物病院へ
いつもと違う行動をする   好物食べない・散歩行かない等
飼主に冷たくされた、他の犬と喧嘩して負けたなど精神的に落ち込む心因性だと思われます⇒優しくスキンシップしてストレスを取り除いてあげて下さい
水を大量に飲む
その他の症状で多尿・腹が腫れる・下痢・嘔吐有る時は動物病院へ、無い時は食事の塩分を控えて様子を見て下さい
水を欲しがらない
元気が有れば大丈夫ですが、元気が無ければ至急動物病院へ(病気の可能性大)
嘔吐する
その他の症状で食欲不振・下痢・血便・何度も嘔吐・空嘔吐等異常が有れば動物病院へ 1.2回吐いたが元気なら様子を見て続くなら動物病院へ
発熱
元気が無くて食欲不振なら至急動物病院へ、又、熱中症の可能性があるなら(車に放置・直射日光など人間以上になり易い)至急動物病院へ
下痢
何度も下痢・空排便は至急動物病院へ 元気も食欲も有れば過食・過脂肪⇒減食
血便(黒・緑含む)・血尿
基本下痢に血便が出たら至急動物病院へ
硬い硬い便
続くようなら至急動物病院へ消化管潰瘍・大腸麻痺・腸閉塞の疑い
便秘
食事・環境変化・運動不足の場合は様子見:カルシウム過多⇒減量 他は動物病院へ
尿が出ない出にくい痛がる
膀胱炎・尿道結石・急性腎不全の疑い⇒至急動物病院へ
尿の量/回数が多い
水をよく飲むなら糖尿病・クッシング症候群・子宮蓄膿症/腎不全 他は膀胱炎疑い
尿の色が濃い
薬を服薬中なら心配ないが、食欲不振・嘔吐・下痢・濁色・異臭の場合は動物病院へ
以上、判別事項を記しましたが基本として信頼できる主治医をみつけ、相談できる環境を作っておきましょう。
犬の病気は人間同様様々です。幼犬の頃は骨格形成に伴う関節の形成不全や脱臼や環境適応力の弱さから病気になり易いし成犬になればケガや泌尿器系疾患・生活習慣病等にもなります。老犬になれば加齢による機能低下から糖尿病・心臓病・白内障・ガンなど人間と同じようになります。
そんな犬の病気を大きく分ければ遺伝性疾患・環境や生活習慣に因る疾患そして感染症の3分類になります。
特に注意したいのが感染症で中には人間にも移る共通の病気もあります。そのような病気の中で人間社会に影響を及ぼす病気には、できる限り予防をし人間界に悪影響を出さないようにしなければならないので、そのワクチンが開発され未然に防ぐために予防接種の義務づけられたり、勧める物が有ります。
  •  狂犬病(単独予防接種義務1回/年:狂犬病予防法):100%死に至る最も怖い病気(人に感染)なので予防接種の義務化されている。日本は現在無いが海外では今なおある病気。症状は怒りっぽく何にでも噛み付くようになり、のどの筋肉が麻痺するため昏睡状態に陥り、最終的には死亡します。もし愛犬が他の犬や人を噛んだら、感染してない証明(獣医の元1ヶ月間1週毎の検診)が必要で予防接種を受けてない愛犬は安楽死を免れません
  •  ジステンバー(*混合ワクチンに含まれている):予防接種により数は少なくなっているとはいえ、現在でも周期的に発生しているウィルス感染率、死亡率の大変高い病気です。ジステンバーウィルスによる接触または飛沫感染で3〜6日の潜伏期間の後、発熱・目やに・鼻水・くしゃみ・元気消失・下痢・運動障害があらわれたり・脳を冒されたりします
  •  犬伝染性肝炎【アデノウイルス(*混合ワクチンに含まれている):アデノウィルス型の経口感染により特に幼齢期に発症し突然死となる病気です。発熱・腹痛・下痢・嘔吐・扁桃腺の腫れ・眼球の白濁などが起こる
  • 犬伝染性喉頭気管炎(*混合ワクチンに含まれている):この病気単独ではあまり死亡率は高くはありません。ほかのウィルスとの合併症により死亡率も高くなる伝染病です。
  •  犬パルボウイルス感染症(*混合ワクチンに含まれている):経口感染による伝染力の強い恐ろしい病気です。下痢・嘔吐・発熱・脱水などの腸炎型、突然呼吸困難になり急死する心筋炎型があります。
  • 犬パラインフルエンザ(*混合ワクチンに含まれている):パラインフルエンザ型ウィルスにより呼吸器症状が出ます。この病気単独では死亡率は高くなく、大概軽く自然と直ります咳き・鼻水などの症状が現れます。
  • コロナウイルス(6,9種混合ワクチンに含まれている):コロナウィルスの経口感染により、下痢・嘔吐の症状が出ます。幼少の弱っている犬がパルボウィルスと同時に感染すると重症になるようです。
  • 犬レプトスピラ(7,8,9種混合ワクチンに含まれている):レプトスピラという螺旋状の細菌が、ネズミの尿などから犬やヒトに移る病気です。この細菌は水の中では長く生きるので、池、下水、汚れた川に犬が入り、粘膜や傷のある皮膚を通して感染します。嘔吐・高熱・食欲低下から肝障害や腎障害、横断・痙攣・昏睡・血便などで、早期診断で抗生物質で治療可能な病気です。でも、症状が進むと尿毒症となり数日で死亡することもあります。動物からヒトに伝染するため愛犬が診断されたら食器などの消毒、糞尿の処理方法に注意が必要です。
  •  *注意:混合ワクチンの組み合わせはメーカーごとに違いが有ります
  •  フィラリア症:蚊からフィラリア(犬糸状虫)が心臓に寄生して、機能障害を起こし進行すると心不全を起こす。予防法として飲み薬・滴下剤・注射剤があるがショック死が有るので事前の検査が必要

犬の社会化期と問題行動

犬の社会化期
それは子犬が飼い主(子犬から見たらリーダー)や仲間、さらに外部の人間や犬等になついて行く過程のことを言います。この時期が最も大切な時期であり、子犬の生涯を決めるほど重要な時期なのです。子犬の成長過程は、1.新生時期0〜2週 2.移行期2〜3週 3.社会化期3〜12週 4.少年期4ヶ月〜1年の4段階です。
一般的に国内における購入時期は生後2ヶ月位がほとんどであり、社会化期の最中に購入するケースが多いはずです。 社会化期のスタートが3週齢ですから生後21日となり、終わりが約3ヶ月です。 この時期に親犬や兄弟と遊んだり、喧嘩したりしながら自然に学び、また飼い主であるリーダーから学ぶことが、成犬になってから他の犬や人間と上手に付き合っていく能力を育成することになるのです。
この大切な時期に早期に親犬から引き離されたり、人間との接触のない子犬は良きパートナーになる可能性が薄くなり、「問題行動」をとる可能性が高くなります。
問題行動
1.幼い時から外で飼われた犬には、噛み付く、ムダ吠えなどが多い。2.遊んでもらったり、散歩したり人間との接触が不十分な場合、飼い主や仲間から孤立し非社会的になってしまう。3.過保護に育てた場合は、依存心の強い子になり社会に適合できず情緒不安定になる。また自分を人間と思い込み社会化が上手くされない性格になり、他の犬に攻撃的になったり、極端に物怖じしたり、性的にも不能になることもある…問題行動対策はこちら
一方、母犬や兄弟犬から引き離すのが遅れると今度は犬仲間におぼれ、人間との連帯感が持てずしつけや訓練がむずかしい犬になってしまいます。犬は群れを形成する動物ですから人間にとってよい伴侶にもなり、家族の一員として一緒にいることで幸せになれるのです。 これは、3ヶ月齢までの大切な社会化期で決ってしまいます。
この社会化期に子犬は親犬や飼い主から、様々な遊びや刺激、触れ合いを通じて群れの中のルールや社会ルールを学習して行くのです。これらを知っていると子犬を迎えてからの育て方、付き合い方がおおよそイメージが沸くでしょう。いかに飼育環境が重要か判ると思います。 まずは子犬を迎えたら、たくさん遊んであげることです。遊びを通じて家族間のルールを教えることから始まります。例えば生後4ヶ月間は歯が生え変わるまで甘噛みがあります。こんな時も「ダメダメ」と言って、まずは背中をなでるようにし、それから後ろ向きにし、胸と下アゴを押さえます。下アゴを押さえると噛めない状態になります。(マズルコントロール)。それを繰り返す事により、そのうち学習して噛まなくなります。いけないことを教え、その代わり噛んでも良いオモチャを与えます。留守がちな場合は特に、オモチャはたくさん与えるべきですが、その管理はリーダーである飼い主がきちんとしなければダメです。また、遊びのスタートと終わりを覚えさすことも重要になります。良くできたら誉めてあげ、いけないことをしたらダメダメと言って聞かす、家族共通の言葉で何度も繰り返すことです。このようにして、家族の中での自分の位置や服従の基本を覚えて成長して行くのです。
このように遊んであげ、興味を引く物に取り囲まれそれを自由に噛んだり、触ったりしながら育った子は成長が早く、好奇心旺盛で知能も高くなります。このような子犬はドンドン自然に学習し発達過程にある神経系に有効な情報を取り込んでいくことになります。他に、先々接触するであろう刺激、例えば子供、配達員、近所の人、獣医、トリマー、テレビ、騒音などをたくさん体験させてください。
この社会化期段階の重要性から考えると、ペットショップなどに陳列されて子犬がいつ頃から陳列されているのかが重要なポイントとなります。生体市場であるオークションから仕入れた子犬は、この大切な時期を逃しているケースが考えられます。単に感染症の問題ばかりでなく、この視点を持って購入していただきたいと思います。欧米で陳列販売を法規制で禁止し、かつ大半が90日齢経過後の販売になっているのは、感染症の防止と社会化期の重要性からです。日本も早くこうなって欲しいものです。

犬の避妊・去勢

犬猫の不妊手術はどんな効用があるのだろうか?
しばしば捨犬・捨猫に対して不妊手術をしてから里親を探す話を耳にされると思います。 それはいたずらに捨犬・捨猫を増やさないためでもあり、里親になっていただいた方に問題行動をとらないようにするためでもあります。 捨犬・捨猫の不妊手術に関しては、獣医さんの中にはお金をいただかないでやってくださる所もあります。
不妊手術の効用は?
何と言っても一番の効用は、1.様々な病気からの予防効果があると言うことでしょう。 2.問題行動の予防3.発情期の突然的な行動予防です。
1. 不妊手術により癌にかかる確率が間違いなく激減 するのです。高額の治療費が掛り、苦しむのを見て大切な家族を失うよりも事前の一策になると思います。癌の種類は違ってもオス・メス同様の効果があります。
2.問題行動 ですが、メスなら年2回訪れる発情期特有の問題行動を抑制します。経験されている方ならお判りでしょうが、食欲がなくなったり、突然吠えたり噛み付いたりと言うことも激減するのです。オスならマーキング、遠吠えの抑制効果があります。
3. 発情期の突発的行動 とは、メスが発するフェロモンめがけてオスが突進するような問題行動を言います。春先にしばしば猫が交通事故に遭っているのを見た方も多いでしょう。オス猫が、周りに目もくれずメス猫の臭いに突進して交通事故に遭ってしまうのです。
いつ頃すれば良いのか、 また費用は?
時期的には最初の発情期が訪れる前、 3ヶ月から6ヶ月頃がお薦めですね。また、費用は オスの去勢手術なら20,000円〜30,000円、メスなら25,000円〜40,000円 ですが手術後に3日間程度の入院などが必要となります。合計すると 45,000円〜60,000円 ほどです。
しかし、様々の効用を考えると割安であり、愛するパートナーに長生きしてもらう為にはお勧め致します。

犬の教育

犬種に因る躾のし易さの違い
非常に警戒心の強い犬種、訓練し易い犬種、従順な犬種、自由奔放な犬種など犬の種類はたくさんあります。犬種ごとの特徴を知り、飼う覚悟をして下さい。非常に従順で躾易い犬種なら全て自分で行うことも可能でしょう。しかし、教育が難しい犬種ならドッグトレーナーなどに預けるか、躾教室に通うか、問題行動を起こされても自分の教育が悪いからと諦めるかです。
私も失敗しました
私も以前はゴールデン・リトリバーを飼っていました。その時はサラリーマンで自分や家族で愛犬として可愛がり、躾し、余り問題行動を起こさないよう教育できました。しかし、サラリーマンを辞め、この業界に取り組もうかと思案中の時、ダルメシアンを飼い始めました。大変でした。今までの躾け方では全く駄目でした。
それで、本屋や通販でドッグトレーニングの本屋やDVDを購入し、徹底して訓練を行いました。しかし、自分の納得行く所までしつける事はできませんでした。
最後にドッグトレーナーにお願いし、ようやくしつける事ができました。
社会化期の間に身につける
みなさんご存知かと思いますが犬の年齢はドッグイヤーと言われ1年で7歳、年をとるなんて言われます。そして人間界では三つ子の魂、百までとも
社会化期(3週〜3ヶ月)の間が最も躾易い時期であり、遅くとも1年以内に身につけさせないと幼少の頃に身に付けた癖は中々取れません
社会化期に親犬と過ごさず、ペットショップやオークションなど飼養施設に閉じ込められた子犬は、躾けるのが大変です。
私も失敗しました
上記に書きました我が愛犬ダルメシアンは逆に親犬の元に居過ぎました。その為、犬との社会性は良いのですが人間社会との関係に乏しく非常に甘えん坊になってしまいました。10ヶ月まで教育本・DVDで行いましたが中途半端な状態にしかなりませんでした。
初めて飼われるなら
訓練し易い犬で、社会化期の2ヶ月までを親犬と過ごし、2ヶ月目頃に飼い始められるようお勧めします。又、訓練はそれまでに犬の教室で学ばれるか、良いDVDや教本(粗悪な教本やDVDにご注意ください)でしっかり予習し、飼い始めたら早速しつけ始められる事をお勧めします。
金銭的に余裕があるなら、または後々金銭的負担が御嫌でしたら早いうちにドッグトレーナーに預けられる方が良いかもしれません。
教育費用の色々
教本・DVDは安価1500円〜高価2万円…ご自分でしつける
しつけ教室は安価1800円〜高価4000円/1回当たり…週1〜3回通学を3ヶ月程
出張しつけトレーニング安価5000円〜高価7000円…週1〜3回通学を3〜6ヶ月程
預かりトレーニング安価6万円〜8万円/1ヶ月…基本毎日トレーニング、期間応談

動物愛護法

動物愛護法の目的
虐待防止や適正使用等に因る生命尊重や友愛等の情操の涵養と動物の適切な管理に因る人の生命、身体及び財産への侵害の防止です
動物取扱業者の規制
遵守基準が有りそれに合格した所を業者認定し都道府県に登録されます。遵守しない業者は業務停止や罰金です。因って動物取扱業登録の無いペット販売業者は危険です。必ず動物取扱業者登録証を確認しましょう
虐待や遺棄の禁止
愛護動物に対する殺傷及び虐待や遺棄は犯罪です。殺傷は1年以下の懲役または100万円以下の罰金です。虐待や遺棄(捨て犬)は50万円以下の罰金です
告知の義務と証明書
動物取扱業者は販売時いくつかの項目を飼主様に告知する義務が有ります。又それを告知し双方認知した証明書が必要とされています。当店ではその内容告知として販売契約書の中でお客様に告知すべき「全項目」と万一の「保証条件+α」を明示しております(飼養承諾確認書)
飼養承諾確認書は、種別、性別、色、生年月日、価格、決済方法は当然として●成犬時の大きさや平均寿命 ●飼う時のロケーションや給餌給水方法●感染症の種類と予防方法●ワクチン接種情報●親、兄弟の遺伝性疾患発生情報 ●不妊手術の効用、時期、費用及び実施状況 ●遺棄の禁止や法令規制●社会化期やストレスを考慮したお届け日、お届け方法 ●次回のワクチン接種時期、血統書の件●初期のしつけ ●準備物 ●瑕疵担保責任と万一の時の保証条件などを明示しております
ご契約の成立として記載事項が満たされない場合には販売はお断りしています。
愛犬と社会の共生の為に
当店はブリーダー様に喜ばれ、社会に喜ばれる為に動物飼養確認書の成立は遵守しております(法の遵守)。良きペットショップは当然同様の書類が交わされています。もしそのような書類を交わさない業者は危険です。
安心の生体保証書
動物飼養承諾書の成立と支払いを以って契約完了となります。その後、生体保証書を発行し、生体保証及び認定ブリーダーに因る飼主様への安心を提供し、飼主様には大変喜ばれております

飼養承諾確認書とは

当店でお買い求め戴くには下記の飼養承諾の各項目にご同意していただくことが必須となっております。これをご了承されることが生体保証制度の適用条件となります。ご理解の程お願い申し上げます。
1,飼育環境は大丈夫(ペット可の住居、家族の同意、近隣に迷惑を掛けないこと)。
2,ライフスタイルに合致している。
3,費やせる時間(散歩等)費やせる生涯費用(予防接種等)も大丈夫。
4,最低限のしつけは責任を持って実施する。
5,最低限の病気予防知識を取得する。
6,最後まで責任を持ち面倒を見る。
7,役所に登録し、鑑札や注射済票を付ける。
8,繁殖計画の無い場合避妊、去勢の考えもある。
9,予防接種やその際の簡単な健康診断、フィラリアは必ず毎年実施する。
10,引越しの場合、ペット可の住居を探す。
ご注意:迷子になったときは、すぐに所轄の動物愛護センターまたは保健所に連絡してください。