本文へスキップ

ブリーダー直販 6ヶ月生体保証 健康保証で安心 多種多様の子犬通販サイト

動物取扱業登録証大健保動セ 第24-10124-01号

サイトマップ     家庭動物販売士認定310063号



愛犬の問題行動と対策行動 要因 リーダー 咬む 吠える 食事 トイレ 散歩HEADLINE

犬の問題行動

この言葉を聞いたことがありますか?  縄張りのためにあちこちに頻繁にオシッコするのもその一つですが、ムダ吠え、飛びつく、噛みつく、攻撃的、言うことを聞かないなどもこの問題行動です。 県や市の動物愛護センターで年間65万頭もの犬猫が殺処分されていますが、その一つの理由にこの問題行動もあります。しかし、これも飼育者である人間の理解不足から始まっているのです。躾ができないならプロに依頼し躾していただくか、飼うべきではありません。犬を飼う前に躾をきちんとできるか否か検討しなくては、家族も犬も不幸な結果になってしまいます。この問題行動を予防するには「不妊手術」をお薦めします。 不妊手術の効用に関してはこちらをご覧ください。

問題行動の要因

最近、問題行動で悩ませられている飼い主が増加傾向にあります。特に、大型犬よりも小型犬や中型犬に多いようです。問題行動の中でも 権勢症候群(犬のわがまま化) と言う言葉があります。これは飼い主の言うことをきかなくなり唸る、吠える、咬むなど飼い主の手に負えなくなるケースです。この原因は 「人が犬という生態系を十分に理解していない」 からです。一緒に生活していく上で、相手(犬)を知るという一番重要なことが欠けているから起ることなのです。
犬は元々、グループをなす習性をもっている動物であることは知っていますね。と言うことはそのグループにリーダーが必要であり、愛犬は常にリーダーを見ているのです。例えば5人家族の中に、愛犬を入れて6人家族とするならその中で序列を作っているのです。犬は家族と一緒に生活していると言う感覚でなく、本能的に新たなグループに加わったと思っているのです。人間である家族もまた犬にとってはグループに過ぎません。常にリーダーが誰であり、そのしぐさ、行動を見ているものです。また犬は人間と違い自立心がありませんから、「飼い主の庇護」と「安心して暮せる環境」を与えなくてはなりません。これらを理解して愛犬と接して行くことが躾のスタートになります。 その上で、犬の躾とは「犬の気持ちになり、飼い主に対する信頼と自信を育てる情操教育」と理解すべきなのです。
犬がグループの中で序列を理解し、またリーダーを理解し信頼すれば、犬の基本的な行動はリーダーに従うことになります。犬を家族の一員として思うなら、このような基本的な習性を知った上で付き合わないとなりません。
厳しく叱るだけでもダメ、逆に過保護でもダメ。人間の親子関係と同じように信頼と自信を育てることが躾の全てなのです。信頼できるリーダーを見つけられない犬は、自分が安心して生活するために様々な行動を取り始めます。これが人間には問題行動と受け取られますが 多くの場合、人間が信頼し得るリーダーであることを犬に示さないか、気付かぬうちに犬をリーダーとして扱ってしまい誤解を与えてしまっているからなのです。

良いリーダーになりましょう

愛犬の身体を何度もなでてあげる。これはコミニケーションの始まりであり 飼い主に身を任せる状態がリーダーと認めさすことでもあります。また同時に、やって良い事ダメな事を家族統一の言動で繰り返し教えて行く事です。 その時の姿勢は「飼い主に注目させ、決して犬のいいなりにならないこと」です。飼い主の毅然とした態度が躾の始まりです。
まず犬の注意を引き付けることから始まります。名前を呼んで眼があったら、何か良いことがあるだろうと犬が考えるようになります。犬があまえて、なでたり、抱っこして欲しいと要求してきたら、まずお手、お座り、待て、伏せなど簡単な号令に従わせてから要求に答えてあげることで、主従関係を覚えることになります。
遊びをコントロール
飼い主である人間は、犬に遊びのルールをはっきりと示す必要があります。犬が遊ぼうと誘った時はまず簡単な号令を出し、それに従ったご褒美として遊びを開始し、終わりも犬が疲れたからでなく飼い主のペースで終わりを決めます。 始めと終わりのケジメ(合図)を明確にすることが肝心です。
マーキングをさせない
これは特にオス犬にあるものであり、去勢手術でかなり効果を発揮します。この問題行動を許していると、ますますテリトリーを守るような方向に増長して行くようになり、散歩途中にアッチコッチに排尿をすることになります。 これもリーダーがさせない合図を出し教えることです。また、リードをゆったりたるました状態でリーダーのペースで歩くように教えてあげてください
食事は人間優先
1日に2回程度(子犬は3回から4階)の食事ですが、もちろん人間の食べているものを与えてはなりません。味の濃い食べ物を覚えたらドッグフードを食べなくなります。これは間違いなく寿命を縮めます。 まず人間が食べ、その後に愛犬に与えます。 15分〜30分程度で残っていても食器は片付けます。 足りないとおねだりしても決して負けてはダメです。食事の場所により難しい場合は、物理的に近付けない状態にすることです

咬む

甘咬み
●原因
甘咬みをするのはほとんどが子犬です。これは「遊んで欲しい」「かまって欲しい」というサインです。本来は兄弟犬とじゃれあってたっぷり遊び、その中で咬む力の加減も学習しますが、1頭で飼われている子犬は遊びの量が十分ではありません。このため飼い主や家族の手や足を甘咬みして遊びに誘っているのです。
●対処法
痛くないからといって放っておくと、成犬なってから人間にケガをさせてしまうこともあります。咬みぐせが着く前に止めさせる必要があります。甘咬みは「遊びたい」という欲求の表れなので、おもちゃなどを使ってたっぷり遊んであげてエネルギーを発散させましょう。忙しいときはハウスに入れておき、時間が出来たら遊んであげてください。なお、犬をなでたり抱っこしたりするのはスキンシップ。犬にとって遊んでいることにならないので、きちんと区別しましょう。
●ポイント
遊んでいるときに甘咬みをしたら、その瞬間に「痛い!」と大きな声で叫び、すぐに手を隠して遊びを中止。咬んだら遊んでもらえないと教えます。
なでると咬む
●原因
全ての犬がなでられると喜ぶとは限りません。中にはなでられることが嫌いな犬もいるのです。単純にさわられるのが嫌いだったり、動きを制限されるのが嫌でなでられることを拒否する犬もいます。また、手をおもちゃと勘違いし、なでようとするとじゃれついて甘咬みする場合もあります。とくに袖がひらひらしている服を着ている時は注意が必要です。
●対処法
なでられることが苦手な犬の場合は、練習が必要です。まず犬がリラックスしているときに背中をやさしくなで、おとなしくしていたら誉めてごほうびを与えます。最初はさらっとなでるだけにして徐々に時間を延ばしましょう。嫌がるところをさわるのはNG。無理強いすると余計に人の手が嫌いになってしまうので、さわっても大丈夫なところから練習してください。さわっている途中で咬んだとしても叱るのは禁物です。犬が落ち着くまで待ってから練習を再開しましょう。
●ポイント
手を引っ込めると、犬は「咬むと止めてもらえる」と勘違いします。手を引かずに犬が落ち着くまで待ち、もう一度なでてからごうびを与えます。
遊ぶと手を咬む
●原因
最初は楽しく遊んでいたのに、次第にうなり声を上げてガブッ。これは遊びに集中するあまり、興奮してしまったことが原因。子犬の場合は興奮しすぎておもちゃと人の手の区別がつかなくなり、咬んでしまうことがよくあります。悪気があるわけではありませんが、成犬になってから思わぬ事故につながることのないよう、咬んではいけないと子犬のうちにきちんと教えることが大切です。また、おもちゃを無理に取り上げると怒って咬みつく場合もあります。
●対処法
犬のテンションが上がりすぎる前に、飼い主が遊びを止めさせることが第一です。犬が興奮して手を咬んでしまったときは、すぐに遊びを中断して無言でハウスに入れ、人の手を咬むと楽しい遊びが終わってしまうことを教えましょう。しばらくして興奮が収まり、犬が落ち着いてきたらハウスから出し、改めて遊んであげて下さい。おもちゃが小さいと、それだけ手を咬まれる危険性が高くなります。おもちゃは大き目ののものや、ロープやヒモのついたものを選ぶようにしましょう。手を咬まずにおもちゃで遊べたら、誉めてあげてください。おもちゃを口から離す「ちょうだい」「オフ」などの練習もあわせてしておきましょう。
●ポイント
咬んだからといってたたいたり、犬のマズル(鼻の部分)をつかんだりするのは厳禁。人間の手を恐れるようになる危険性があるので絶対に避けてください。

吠える

来客に吠える
●原因
犬種によって程度の差はありますが、犬には縄張り意識があり、見知らぬ人が来ると本能的に吠えて飼い主に知らせようとします。一方、恐怖心から吠えている場合もあり、社会性の未発達が原因。反対に誰かが来るとうれしさのあまり興奮して吠えるタイプもいます。愛犬の性格を考慮して原因を見極めましょう。
●対処法
いずれの原因の場合も、来客があると事前にわかっているときは、あらかじめ犬をケージに入れて別の部屋に移しておきましょう。こうすることで、縄張り意識の強い犬には「来客時はひとりの時間」と教えます。恐怖心から吠える犬の場合は、お客さんに協力してもらっておやつ等を与えてもらい、人が来ても怖くないと教えると効果的です。来客に興奮して遊びたいと要求している場合は、吠えている間は無視し、静かになったらごほうびとして遊んであげましょう。
●ポイント
ハウスに入れておくことは、犬にとっても安全な場所を確保してあげることになります。おやつやおもちゃを入れ、居心地のいい環境にしてあげましょう。
外の音に吠える
●原因
聴覚が発達している犬は音に非常に敏感。外から聞こえてくる人の声や聞き慣れない物音に対して吠えるのは、不安や、恐怖、警戒心が原因です。また、救急車などのサイレンは犬の遠吠え本能を刺激するらしく、音に呼応して吠えることもよくあります。チャイムに反応するのは、チャイム=来客が学習していて、家族に「誰か来た」と伝えているのです。自分の縄張りに入ってくる「侵入者」に対する警戒心から吠えることも多く、家の前を通る人に吠えるのも同様の理由が考えられます。
●対処法
犬が吠えてうるさいからといって、むやみに叱るのはNG。かえって興奮して余計に吠えるだけなので注意してください。「はいはい」などと返事をするのもダメ。吠え続けてもかまわず無視して、犬が静かになったらほめてあげましょう。外の物音や人の声を警戒して吠える場合は、少しづつ窓を開けて新しい音に慣らしていき、おとなしくなったらほめてあげます。音がしても大丈夫だ、吠えなければほめてもらえるとおしえましょう。花火や雷などの大きな音に吠える場合は、窓を閉め切ってテレビや音楽のボリュームを上げたり、一緒に遊ぶなどして犬に音を意識させないようにします。
●ポイント
チャイムが鳴ったらハウスに入るように練習しておけば、ふいの来客時も安心。ガムやおもちゃを入れてあげると犬が喜んで入るようになります。
食事時になると吠える
●原因
犬は非常に頭のよい動物なので、毎日決まった時間に食事を与えていると、その時間を覚えてしまいます。時間になると吠えるのは「ごはんまだ?」という催促。時には食器をくわえて飼い主のもとにもってくることもあります。こうした犬の行動を「賢い」「かわいい」と思いがちですが、これはいわば犬の命令。つまり自分が主導権を握っていると思っているのです。ここで要求に応じてしまうと、犬は吠えれば自分の思い通りになると勘違いし、ますます行動がエスカレートすることになつてしまいます。
●対処法
飼い主が生活の主導権を犬に理解させる必要があります。毎日の食事は飼い主の都合を優先させ、不規則な時間に与えるようにしましょう。犬が吠えて催促しても完全に無視。犬が諦めるまで我慢して、人間の都合に犬を歩従わせてください。散歩やハウスの外に出たいときに吠えて催促する場合も同様の対処を。最初は以前よりも激しく吠えますが、しばらくすると吠えても無駄だと理解しておとなしくなります。うるさいからと要求に応じてしまうと、次からはもっと激しく吠えるようになるので要注意です。時間がかかるかも知れませんが、辛抱強くつづけてください。
●ポイント
準備しているときに吠えたら、手を止めて無視します。吠えるのを止めたら再開し、静かに待っていないと食事をもらえないことをおしえましょう。
留守中に吠える
●原因
いつも飼い主や家族の誰かが家にいる環境で育った犬の場合、孤独でいることに慣れていないため、留守番中に不安や寂しさを感じて吠えてしまいます。家族と離れていられるよう少しずつ練習しましょう。留守番中にパニック状態なる犬は「分離不安症」の可能性が考えられるので、獣医師に相談してください。
●対処法
まず犬が安心して過ごせる環境(ハウス)をつくり、中にガムやおもちゃなど遊べるものを入れます。祖間中に入れて飼い主が別の部屋に行き、数分間犬をひとりにしてみましょう。最初は5分程度から始め、徐々に離れる時間を長くします。犬をハウスに入れる前にたっぷり遊ばせると、肉体的にも精神的にもリラックスできて効果的です。家の中でひとりでいることに慣れたら留守番に挑戦します。まずは短い時間からスタートし、徐々に時間を延ばしましょう。
●ポイント
広い部屋にひとりで置かれると不安が助長されるので、留守番中は犬をハウスに入れましょう。おもちゃやガムを与え退屈させない工夫も必要です。

食事の問題行動

食事時に唸る
●原因
人に対してうなるのは、食べ物をとられまいとして威嚇しているため。飼い主や家族に対して優位に感じていることの表れで、食べ物は自分のものだと主張しているのです。とてもおなかが空いていて食事の邪魔をされたくないときにうなったり、吠えたりすることもあります。
●対処法
食事はリーダーである飼い主から分け与えるものだと理解させ、人がそばにいても大丈夫だと教えましょう。食事は全部一度に与えず、食器に少量のフードを入れ、食べ終わったらまたフードを入れるという具合に与えます。ドライフードなら一粒づつ手で与えてもOK。
人の食事を欲しがる
●原因
家族の食事を欲しがるのは、以前もらった経験があるから。犬は非常に賢いので、一度でも与えるとおいしいものであると覚えてしまい、毎回欲しがるようになります。人間の食べ物は犬の健康を損なう要因にもなるので、食事を与えるのは絶対に止めてください。
●対処法
家族の食事中はハウスに入れておくといいでしょう。大好きなおもちゃやごほうびなどを入れて、犬にとって楽しい時間になるよう工夫します。食事中に犬が食べ物を欲しがって騒いでも無視。食事が終わるまで静かに待つことが出来たらほめて、ハウスから出してあげましょう。

トイレ

トイレ以外の場所でする
●原因
トイレで排泄することを覚えていない子犬ならば仕方のないことです。学習すれば失敗しなくなるので、根気よくトレーニングしましょう。いつまでたっても覚えない、一度覚えたのにそそうをするという場合は、トイレの場所が気に入らない、トイレの場所やトイレシーツを変えたためなどの原因が考えられます。
●対処法
犬はもともと一ヶ所で排泄をする習慣がないので、トイレを覚えるのには時間がかかります。子犬はタイミングを見計らってトイレに誘導し、習慣づけるようにしましょう。目を離すときはケージに入れるなどして失敗させない環境を整えることも大切。トイレの場所などに原因がある場合は可能ならば改善し、無理ならトレーニングをやりなおしましょう。失敗を叱ると排泄行為自体をいけないことだと勘違いしてしまうので要注意。
●トイレに失敗したときは
・大げさに反応するとかまってもらえたと喜ぶこともあるので無反応を貫きます。子犬なら練習中だと割り切ってください。
・処理は、何も言わず無反応のまま、すみやかに犬をケージに入れます。あわてたり、叱ったりしてはいけません。
・ケージにカバーをかけ、犬から見られないようにしてから、無言のまま排泄物を片付けます。
・片づけが終わったら、犬をケージから出します。何事もなかったかのように振るまってください。
いずれにしてもトイレのしつけは時間がかかりますので、我慢して覚えるまで根気よく教えることが不可欠です。決して叱ったりしてはいけないということを肝に銘じてしつけをしてください。

散歩中の問題行動

リードを引っ張る
●原因
散歩は犬にとって貴重な体力発散の場です。超小型犬以外は人間のスピードに合わせて短時間歩くだけでは満足できず、エネルギーを発散させたがっています。しかも外の世界はほかの犬のオシッコのにおいなど様々な情報に満ちているため、あちこちに行きたがるのです。
●対処法
散歩は飼い主について歩かせるのが基本。リードを短く持ち、飼い主の横について歩くトレーニングをしましょう。犬が疲れているときに練習するのが効果的。その犬の運動量に合わせ散歩にボール遊びや走りなどを交えるなどして十分にエネルギーを発散させることも必要です。
他の犬を怖がる
●原因
生まれてまもなく親犬や兄弟犬と離されて、他の犬と接する機会が少なかった場合、犬との付き合い方がわからず「犬見知り」になることも。また、子犬の頃他の犬とケンカをして痛い目にあった、追いかけられて怖い思いをしたなどのトラウマがある可能性もあります。
●対処法
他の犬と仲良くさせようと無理強いするのはNG。他の犬と出会ったら愛犬の名前を呼んで自分に注意を向けさせ、そのまますれ違います。愛犬が落ち着いているようなら、相手の飼い主さんの了解を得た上で、自分がいぬ同士の間に入り、少しづつなれさせましょう。